行政書士試験に合格するためには、予備校に行った方がいいんでしょうか? それとも、独学でも合格できるんでしょう? 予備校に通うのと独学(参考書選びや勉強方法などは、ある程度、合格した人の話を参考にした方がいいかもしれません)のどちらがいいかは、人によってます。 過去に法律の勉強をしたことがある人は、独学(通信教育や家庭教師、短期講習などを上手に利用した方が効率が良くなる場合もあります)でも合格できるかもしれません。 行政書士の試験は、殆どが民法に関する問題です。 そのため、法律の知識がほとんどない場合には、独学で合格するというのは難しいでしょう。 今までに法律を学んだことがない、法律は全く分からないという人は、予備校に通うことをオススメします。 予備校では、詳しくわかりやすく教えてくれるのですから、初心者(それほど上手じゃないのに教えたがる人には注意が必要ですねでもそれほど苦労せずに理解出来ますね。 ただし、予備校に通うとなると、安くはない出費が掛かりますね。 予備校に通うほどの金銭的な余裕がないと言った場合には、通信講座などを利用するという方法もあります。 もし、完全に独学で勉強するのなら、行政書士受験用の本や司法書士受験用の本を購入して勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)しましょう。 行政書士の試験は、年々難しくなってきているので、余裕があれば司法書士受験用の本もまなんでおいた方がいいですー